倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

 脚の親指を使ってますか?

いつまでも元気に健康に歩ける体をでいましょう

人間は二足歩行で、足指を実に上手に使って歩くことができます

あなたの靴はどこがすり減ってますか?

靴下はどこが破れやすいですか?

子供の頃は足指をしっかり使えているので、靴下も良く破れたりしたと思います

足指をきちんと使えていると

姿勢も良くなり腰痛なども良くなります

足の指をしっかり使った歩き方紹介します

まずはしっかりかかとから着地しましょう

足の裏のアーチを使い、脚の外側を通って小指の付け根に重心を移動させます

次に薬指の付け根に重心を移動させ中指、人差し指最後に親指と重心を移動させます

すべてのゆびが地面をとらえたら親指でしっかりと地面を蹴り出します

皆さんぜひ試して下さい

基本姿勢(立位)

姿勢といっても体を動かしている時と

動かしていない時では変わって来ますよね。

動いていない静的姿勢で

真っ直ぐ立っているつもりでも

他から見ると体が前後どちらかに傾いていたり

左右のどちらかに曲がっているなど

指摘される方もいるかと思います。

後ろから見て正しい真っ直ぐな姿勢は

後頭部の中心から背骨・お尻の割れ目・両膝関節の間

両内くるぶし間を結ぶ線です。

横からの姿勢を見る線は

耳たぶ・肩(肩峰)・腰骨の少し下の骨(大転子)

膝関節前部・外くるぶしの前2~5㎝を

結ぶ線となっています。

直立姿勢の基本姿勢はこのようになっています。

普段の生活で体の使い方や癖で基本姿勢から

ずれている方が多いと思います。

正しい姿勢を保てるよう筋膜ボディケアで

整えましょう!

身体の歪み

歩く姿勢が左右どちらかに傾いているとか

背中が丸くなって猫背になっていないでしょうか?

これが原因で頸椎・背骨・骨盤を支えている

筋肉が硬くなったり、筋力が衰える事で生じます。

姿勢では長時間の同じ姿勢、脚を組む

片足だけに重心を置いているなどです。

他では運動不足での筋力低下や冷えにより筋肉が硬くなります。

姿勢のチェック方法として

後頭部・肩甲骨・お尻・かかとを壁につけます。

後頭部や肩甲骨が壁から離れると猫背となっていて

顔が前に出てストレートネックになり易くなります。

壁からお尻やふくらはぎ離れると

骨盤が前傾している事があり、体型は

痩せているのに下腹だけが出ている状態になります。

普段の生活で適度な運動や体操をして

姿勢にも気をかけてみてはいかがでしょうか?

放っておくと年を重ねるごとに

ひどくなっていきますので

ご自分での体操やストレッチなどを行い

筋膜ボディケアで姿勢を整えましょう!