倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

血行が悪いことで起こる身体の不調

そもそも血行が悪くなる原因は運動不足にあります。

運動をしない事で筋肉量が減少し筋ポンプの働きが弱くなってしまい身体全体へ血液が流れてくれません。

そのことが原因となって冷え性やむくみ、疲労がたまり身体全体の倦怠感、肩こり、腰痛などが出現してしまいます。

すでにこれらで悩まされている方はちょっとしたストレッチやお風呂での入浴をする事で硬くなった筋肉を柔らかくすると予防や改善に繋がっていきます。

冷え性に悩まされていた方へ

冷え性は身体の血流が悪いことで温かい血液が身体全体に行き渡らず寒く感じてしまいます。

運動不足や食生活などが主な原因です。

冷え性にならないためにはまず運動をする事で身体の血流を良くする事ができ風呂に入浴する事でも血行が良くなります。

お風呂でしっかり身体を温めることで疲労がとれ自律神経のバランスが崩れるのを防ぐ効果があります。

食生活ではなるべく中性脂肪を減らし、水分補給をする事で血液がサラサラに保たれるのでしっかり水分補給をしましょう!

足がむくみんでしまう…

足がむくんでしまうのは血流が悪いことが原因となっています。

運動不足や靴下の圧迫などが原因となって血行が悪くなり水分が運ばれない状態になりむくみとして出現します。

血行は運動をする事によって促進され疲労や老廃物などを流してくれます。

しかし運動不足だと血液を流す補助をしている筋ポンプの筋肉量が不足しているので身体の余分な水分を回収しきれません。

適度な運動とお風呂の入浴の際マッサージをすることで血行が良くなりむくみの予防・改善に繋がるのでやってみて下さい。