倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

身体の歪み

歩く姿勢が左右どちらかに傾いているとか

背中が丸くなって猫背になっていないでしょうか?

これが原因で頸椎・背骨・骨盤を支えている

筋肉が硬くなったり、筋力が衰える事で生じます。

姿勢では長時間の同じ姿勢、脚を組む

片足だけに重心を置いているなどです。

他では運動不足での筋力低下や冷えにより筋肉が硬くなります。

姿勢のチェック方法として

後頭部・肩甲骨・お尻・かかとを壁につけます。

後頭部や肩甲骨が壁から離れると猫背となっていて

顔が前に出てストレートネックになり易くなります。

壁からお尻やふくらはぎ離れると

骨盤が前傾している事があり、体型は

痩せているのに下腹だけが出ている状態になります。

普段の生活で適度な運動や体操をして

姿勢にも気をかけてみてはいかがでしょうか?

放っておくと年を重ねるごとに

ひどくなっていきますので

ご自分での体操やストレッチなどを行い

筋膜ボディケアで姿勢を整えましょう!

外反母趾の改善

ヒールの高い靴や小さめの靴が原因の場合もありますが

多くの場合股関節に原因があり内股で歩いていることにより

外反母趾になっている方も多いです。

股関節に柔軟性がなく脚が内股ぎみになると

立っているときや歩いているときに

脚の親指側にばかり負担がかかってきます。

外反母趾を改善するにはしっかりと足指を開き動かすことが大事です。

しっかりと足指を使ってグー・チョキ・パーといった

足指じゃんけんをしたり、床などにタオルを敷き

足指を使って足元にたぐり寄せる動きが効果的です。

腹筋運動

普通のごく一般的な腹筋運動では回数が増えてくると

だんだんきつくなりだんだん身体がねじれてきます。

もともと日頃の身体のクセで

身体は左右バランスがとれていない場合が多いですが、

お腹の斜め横についている腹斜筋のバランスが崩れていると

強い方の腹斜筋ばかり使ってしまい

その結果ますます左右差ができて

歪みがある部分の脂肪の燃焼効率も下がってきます。

お腹やせをしていきたい場合は

左右の腹斜筋を均等に使うものを選んで行っていきましょう。