Blog
ブログ

胸の筋肉と呼吸

肩こりや呼吸が浅くなってしまうのは意外だと思いますが胸の筋肉(小胸筋)が関わってきます。

小胸筋は肩甲骨と肋骨をつないでいる筋肉でもし硬くなってしまうと背中周りの筋肉を引っ張ってしまい肩や背中のコリ、巻き肩、肩が高くなるなどの症状が出現します。

胸の筋肉だけでなく背中が硬くなってしまうと胸の筋肉が柔らかくても硬い筋肉に引っ張られるので姿勢の乱れ、コリなどにつながります。

胸の筋肉と背中の筋肉はこのように影響をしあっているのでどちらも硬くならないように注意して下さい。

腰は周りの筋肉と深く関わっている

腰には守ってくれる骨(肋骨など)がなく筋肉が腰を守り支えています。

背中、腹筋、尻周りの筋肉が腰と深く関わっています。

もしこれらの筋肉が姿勢の乱れ、歩行、日常生活などで硬くなってしまうと腰痛や身体のだるさ、身体のゆがみなどに繋がってしまいます。

逆にこれらの筋肉を日常的にストレッチをし、背すじを伸ばす姿勢などを意識する事で腰痛になりにくい身体になります。

すでに腰痛に悩まされている方は腰を支えている筋肉が硬くなっている可能性があるので一度チェックをしてください。

目の疲労・首回りのほぐし

目の疲れは集中して物を見続けることによって

まばたきの回数が減る事で目の周りの筋肉(眼輪筋)が硬くなり

疲労が蓄積してしまいます。

目に疲労が蓄積することによって

周りの筋肉まで緊張してしまい首こり、頭痛に繋がってしまいます。

改善は目を温めてほぐしたり、首のコリをほぐすことによって血行を良くしキレイな血液が流れることで疲労が回復します。