倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

痛みがあってストレッチ諦めていませんか?

肩や腰が痛くてストレッチをやっていない人はいませんか?

痛みがある人は動かせるところだけでもいいで積極的に動かせるところからストレッチをして下さい。

痛くなってしまうのは筋肉が硬くなる(常に緊張状態)事によって、血流が悪くなってしまい疲労や老廃物などが蓄積する事で痛みが出現します。

ストレッチをする事で血行が促進され溜まっている疲労や老廃物などが血流によって流れ疲労回復に繋がります。

痛みがあるところをストレッチしなくても徐々にしていくことによって痛みの軽減に繋がっていくので諦めずにストレッチをして下さい。

体幹は腰痛と姿勢に関係する

腰は疲労が溜まりやすくそのまま放置してしまうと腰痛やぎっくり腰、姿勢の悪化などに繋がってしまいます。

体幹を鍛え・ストレッチをすることでパフォーマンスが上がり、腰痛などの予防、姿勢の悪化の防止に繋がっていきます。

体幹だけでなく腕や脚が硬くなることによって体幹も硬くなってしまうので体幹だけでなく全体的に身体を解して下さい。

もし腰痛がつらい方がいらしたらSOARにお越し下さい。

スタッフ一同精一杯サポートします。

机を使った肩のストレッチ

肩周辺や三角筋付近を触ることで痛みが出てしまう方はいませんか?

痛みが出てしまう方は筋肉に疲労が溜まっています。

腕に疲れが出てしまうと肩にも疲労が伝わってしまいこのことが原因でコリが出現してしまいます。

なぜなら肩コリは筋肉が硬く(緊張状態に)なることで出現するからです。

なのでストレッチをする事で伸ばしてあげたり、解すことが大切です。

机を使ったストレッチでは肘を机の上に置き机の高さと同じくらいまで頭を倒しますがこの際、背すじを伸ばして下さい。

このストレッチをする事で上腕、肩、体幹の筋肉を伸ばすことが可能なのでやってみて下さい。