倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

ストレッチのキープ時間

ストレッチは正しいフォームと体重移動そしてキープ時間によって効きが変わってきます。

筋肉がしっかり伸びた姿勢から約20秒~30秒にかけてしっかり伸ばして下さい。

5秒など短時間でストレッチを行っている方は筋肉が伸びきる前にストレッチをやめているので効きが弱いです。

筋肉を時間をかけてしっかり伸ばすことによって緊張が抜けて伸びやすい状態になってくれます。

ですが長時間ストレッチをしても効果は30秒とあまり変わらないのでセット数を決めて行う方が効果的です。

連休疲れをとりませんか?

長い休み明けは気分も身体もとてもだるいと思います。

楽しいお出かけをしても家に帰ると疲れて

ぐったりしてませんか?

何もしなくて家でゴロゴロしてても

身体を動かしていないので血液の循環が悪くなり

リンパに溜まった老廃物も処理されず

身体が疲れている状態になっています。

これを改善するために適度に体を動かしたり

筋膜の癒着で身体も硬くなっていますので

筋膜グリップで緩めるのも効果的です。

疲れが積み重なってつらくならないうちに

筋膜グリップで連休疲れをとりませんか?

身体のコリ

筋肉は収縮と弛緩をすることで筋肉にほどよい長さを保ち

柔軟性や筋力も発揮できます。

しかし現代人の生活では運動不足や長時間のデスクワークなどで

身体の使い方に偏りがでていることが多く、

本来の長さより長くなってしまうと力を発揮しずらく、

短くなりすぎると柔軟性がなくなりこりも生じます。

こりは筋肉の血流が悪くなり、硬くなったり痛みを引き起こすので

快適な身体を手に入れるためにストレッチや適度な運動、

もしくは定期的な身体のメンテナンスを受けて

調子を整えていきましょう!