倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

パフォーマンス向上には筋肉と血液が関係する!

ストレッチは筋肉を伸ばすことでパフォーマンス向上、ケガの予防、血行を良くしてくれるなどの効果があります。

ストレッチをする前は筋肉への血液の供給量は全体の15%しかありませんがストレッチやウォーミングアップをいて身体を動かし血行を良くする事で栄養素やエネルギーが大量に筋肉へ届けられます。

他にも疲労回復などの効果もあるのでちょっとした空いた時間に行って下さい。

運動後のストレッチについて

運動をする事で筋肉は収縮・弛緩を繰り返しています。

運動後にストレッチを行うことで収縮・弛緩を繰り返していた筋肉の自己修復を助けてくれます。

よく使った部分などを集中してほぐしてあげて下さい。

ですがマラソンや身体に負担がかかってしまう激しいスポーツなどではストレッチをしない方がいいです。

なぜなら筋肉が切れやすくなっておりストレッチで伸ばすことにより過剰に筋繊維が切れてしまうからです。

無理に伸ばしてしまうとダメージが大きくなり疲労回復にも影響があるので炎症や痛みが引いてからストレッチを行って下さい。

なぜ運動前にストレッチを行うのか?

それはパフォーマンスを簡単に上げる事ができるからです。

筋肉は運動をしていないときには少ない血液が流れてますが、運動をしている時にはたくさんの血液が流れています。

ストレッチをすると血液の循環が良くなることで筋肉に効率よく酸素や栄養が行き渡り、筋肉や関節の可動域も上がるのでパフォーマンスが上がります。

もしいきなり激しい動きをしてしまうとパフォーマンスを発揮しきれず筋肉を傷つけてしまいます。

ですがパフォーマンスは上がりますが無理に伸ばしすぎたり、やり過ぎてしまうと逆効果なのでやり過ぎない程度でストレッチを行って下さい。