Blog
ブログ

腰は周りの筋肉と深く関わっている

腰には守ってくれる骨(肋骨など)がなく筋肉が腰を守り支えています。

背中、腹筋、尻周りの筋肉が腰と深く関わっています。

もしこれらの筋肉が姿勢の乱れ、歩行、日常生活などで硬くなってしまうと腰痛や身体のだるさ、身体のゆがみなどに繋がってしまいます。

逆にこれらの筋肉を日常的にストレッチをし、背すじを伸ばす姿勢などを意識する事で腰痛になりにくい身体になります。

すでに腰痛に悩まされている方は腰を支えている筋肉が硬くなっている可能性があるので一度チェックをしてください。

こり解消で!!

首・肩・腰などのコリの原因の一つに筋膜の癒着が考えられます。

筋膜の癒着により血流やリンパの流れ

そして神経伝達も悪くなりなります。

筋膜グリップでの手技療法を受けていただくと

今まで重くて、だるかった体も軽くなり

挙がりにくかった肩や、ひねりずらかった腰も

可動域が広がり動きやすくなります。

他にもスポーツをされている方は競技のパフォーマンスが上がり

ケガの予防にもなります。

筋膜の癒着を緩める事で冷えの改善にもなり、免疫力もアップします。

筋膜ボディケアでお身体のメンテナンスをしませんか?

しっかりボディメンテナンスをさせて頂きます!!

身体を温めることで筋膜が伸びる

身体が温かい様態でストレッチを行うと効率よく筋肉・靱帯が伸びてくれます。

お風呂に入浴する事により疲労が回復し、硬い筋肉が柔らかくなるなどの効果がありストレッチと合わせることによりさらに効果が上がります。

逆に身体が冷えた状態や長時間の同じ姿勢の睡眠では筋肉、靱帯は伸びにくく傷つきやすい状態となっていますので注意して下さい。