Blog
ブログ

ストレートネック

デスクワークなどで頭部(アゴ)を前方に突き出した姿勢でいると首に負荷がかかることにより筋肉が緊張し続ける事によって首を反らす動きが難しくなります。

首の後面の筋肉が緊張してガチガチになることで頸椎に負荷がかかり首周りのコリが酷くなってしまいます。

デスクワークで姿勢が悪くアゴが前に出てしまっている方はアゴをひっこめて背すじを伸ばす姿勢を意識しましょう。

首回りの筋肉をほぐすことによって予防や改善に繋がるのでぜひやってみて下さい。

肋骨に付着する筋肉と呼吸の関係

肋骨は呼吸をする際、全体的にスライドしています。

肋骨にある筋肉やお腹周りの筋肉が収縮・弛緩をする事によって呼吸ができています。

肺は膨らんだり縮んだりはしますが肺自体は動きはしません。

もし筋肉が硬くなってしまうと肋骨の動きが悪くなってしまい肋骨の動きに支障をあたえ、呼吸が浅くなり疲れやすい身体になってしまいます。

最近息苦しい方やスポーツをしている方は肋骨やお腹周りをほぐす事によって呼吸が楽になりパフォーマンスが向上するのでぜひストレッチなどを行って下さい。

身体を温めることで筋膜が伸びる

身体が温かい様態でストレッチを行うと効率よく筋肉・靱帯が伸びてくれます。

お風呂に入浴する事により疲労が回復し、硬い筋肉が柔らかくなるなどの効果がありストレッチと合わせることによりさらに効果が上がります。

逆に身体が冷えた状態や長時間の同じ姿勢の睡眠では筋肉、靱帯は伸びにくく傷つきやすい状態となっていますので注意して下さい。