倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

年齢が上がると身体の筋肉量が減っていきます

筋肉が衰えてしまうと

今までできていた作業ができなくなってしまい

疲れやすく身体を痛めやすい身体になってしまいます。

姿勢を維持している筋肉が衰えてしまうと

姿勢が少しずつ乱れていき

肩こりや腰痛が出現してしまいます。

衰えてしまった筋肉は筋トレをすることで筋肉量を増やして下さい。

筋トレに年齢は関係なく

やればやっただけ筋肉がつき

筋肉があることで

姿勢が良くなり、肩こり、腰痛が予防・改善ができます。

疲れやすいと感じたことはありませんか?

疲れやすい人は呼吸が浅く、姿勢が乱れ、運動不足が原因で

疲れやすい身体になっています。

呼吸が浅いということは胸からお腹にかけて

筋肉が硬くなっていて

猫背などの姿勢の乱れが肋骨の動きを悪くしてしまい

肺の膨らみが小さくなることで疲れやすくなっています。

これらは筋肉を柔らかくすることで

呼吸が楽になり疲れにくい身体になってくれます。

最近疲れやすいと感じる方いませんか?

十分な睡眠をとっても疲れがとれない人は呼吸が浅くなっているのかもしれません。

猫背や姿勢の乱れによって呼吸をする際、胸郭の広がりが悪くなってしまいそれが原因となり呼吸が浅くなってしまいます。

次に運動不足も関係しており、日頃から運動をする習慣のない人は呼吸を補助する筋肉の働きが弱くなり肺活量も弱くなることで呼吸が浅くなってしまいます。

酸素を十分に取れないと疲労が蓄積されだるさや集中力が低下を招いてしまいます。

なので日常の中にちょっとした運動やストレッチするようにしましょう!