倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

目に疲れを感じませんか?

目に疲れが溜まってしまう原因は

集中して物を見続け

眼球が固定されまばたきの回数が減ることによって

疲れやコリ、頭痛が出てきてしまいます。

もし目に疲れを感じられたら

手で目を圧迫しないように手のひらをまぶたに当てて

自分の体温で眼球周辺を温めて下さい。

これにより疲れが軽減します。

温かいタオルでも可能なので試してみて下さい。

目の周りの筋肉が凝る

スマホやデスクワークなどをしている人はまばたきを忘れずっと画面などを見続けていることはありませんか?

その状態が続くことによって目周辺の筋肉にコリが出現し目が乾いたりかすむなどの症状が出てきます。

目の周りの筋肉も他の筋肉と同じで緊張が続くことによって硬くなってしまい目の疲労、ドライアイ、頭痛に繋がってしまいます。

予防法は目を温めて下さい。

カイロや手の温かさでもできますが(リラックスできる温度)行う際は目を圧迫しない事と熱すぎないように注意して下さい。

他には目をギュッと閉じて数秒して開くを数回繰り返したり目を圧迫しないように目の周りをゆっくり手のひらで軽く動かすことも効果的です。

目の疲労・首回りのほぐし

目の疲れは集中して物を見続けることによって

まばたきの回数が減る事で目の周りの筋肉(眼輪筋)が硬くなり

疲労が蓄積してしまいます。

目に疲労が蓄積することによって

周りの筋肉まで緊張してしまい首こり、頭痛に繋がってしまいます。

改善は目を温めてほぐしたり、首のコリをほぐすことによって血行を良くしキレイな血液が流れることで疲労が回復します。