倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

年齢が上がると身体の筋肉量が減っていきます

筋肉が衰えてしまうと

今までできていた作業ができなくなってしまい

疲れやすく身体を痛めやすい身体になってしまいます。

姿勢を維持している筋肉が衰えてしまうと

姿勢が少しずつ乱れていき

肩こりや腰痛が出現してしまいます。

衰えてしまった筋肉は筋トレをすることで筋肉量を増やして下さい。

筋トレに年齢は関係なく

やればやっただけ筋肉がつき

筋肉があることで

姿勢が良くなり、肩こり、腰痛が予防・改善ができます。

筋肉を鍛えることのメリット

筋肉は年齢関係なく鍛えることが出来ます。

筋トレやスポーツで身体を動かす事で血流が良くなり、硬い筋肉が柔らかくなり関節の動きも良くなります。

他にも姿勢が良くなり肩こり腰痛の予防・改善、疲労が溜まりにくい身体になります。

身体の不調の原因は運動不足によって血流が悪くなってしまい筋肉が硬くなる事が不調として身体に出てきているのでしっかり運動をして不調を予防・改善しましょう!

筋トレとストレッチの効果

そもそも筋トレとストレッチをする事によってどんなメリットが得られるのかを考えていきます。

筋トレは弱い筋肉を強化することによりパフォーマンスを上げ、

身体のバランスが崩れるリスクを下げることができ

骨や関節と違い筋肉には年齢は関係なく、

鍛えれば鍛えるほど強くなるという優れた特徴があります。

ストレッチでは筋肉を脱力した状態で伸ばすことにより血管を筋肉の圧力から解放して血流を促進させ疲労回復にも効果がある。

筋肉をしっかり伸ばすことにより筋肉の材質自体を柔らかくして、コリにくい筋肉にする効果もありストレッチを行うことで関節の可動域が上がり身体を大きく動かせます。

肩こりや腰痛は、特定の筋肉が固いことや、筋肉の固さのアンバランスによる姿勢不良が原因になることが多いのでしっかりストレッチをしましょう!!