倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

筋肉を柔らかく保って下さい。

筋肉は身体を動かすだけでなく血液の流れの補助をしています。

もし大きな筋肉が硬くなってしまうと

血流が悪くなってしまい事で

疲れやすくなりとむくみなどの原因となってしまいます。

筋肉が硬くなってしまうと

関節の可動域減少や姿勢の悪化に繋がってしまうので

硬くならないように注意して下さい。

姿勢の悪化と不調の関係

姿勢が悪くなってしまうことで

肩こりや腰痛などの不調が増えていきます。

放置をすることで徐々に悪化していきます。

筋肉は骨にくっついているので姿勢が悪くなる事で

筋肉が硬くなってしまい骨を引っ張ります。

これによって骨にくっついている他の筋肉まで引っ張られてしまい

筋肉が常に緊張状態になり腰痛などが出てしまいます。

なので姿勢が悪くならないように日頃から意識して下さい。

朝起きたときに疲れてませんか?

朝、起きたときに一番最初に感じるのが「疲れ」

になっている方はいませんか?

睡眠で疲れが抜けきっていないことが原因です。

そもそもなぜ睡眠で疲れが取りきれていないのは

血流が悪くなっていることが原因です。

なので仕事終わりにストレッチやお風呂で肩までお湯に浸かる

もしくは適度な運動をすることで血流を良くして下さい。

血流が促進されることで疲労物質が流れてくれるので

疲れがとれるはずです。