Blog
ブログ

反り腰について

そり腰になってしまうと骨盤が前傾することによって腰椎が圧迫される状態になっています。

骨盤が前傾した姿勢での作業が続くことによって発生し筋肉や関節が硬くなることで血行も悪くなってしまいます。

椅子に座るとき腹筋や太もも裏の筋肉が弱いことで座った状態でも骨盤が前傾してしまいます。

日常での予防・改善策は一日に数回前屈する事で、骨にかかっている圧力を軽減できます。

お風呂に入って血行を促進させることも効果的です。

胸の筋肉と呼吸

肩こりや呼吸が浅くなってしまうのは意外だと思いますが胸の筋肉(小胸筋)が関わってきます。

小胸筋は肩甲骨と肋骨をつないでいる筋肉でもし硬くなってしまうと背中周りの筋肉を引っ張ってしまい肩や背中のコリ、巻き肩、肩が高くなるなどの症状が出現します。

胸の筋肉だけでなく背中が硬くなってしまうと胸の筋肉が柔らかくても硬い筋肉に引っ張られるので姿勢の乱れ、コリなどにつながります。

胸の筋肉と背中の筋肉はこのように影響をしあっているのでどちらも硬くならないように注意して下さい。

腰は周りの筋肉と深く関わっている

腰には守ってくれる骨(肋骨など)がなく筋肉が腰を守り支えています。

背中、腹筋、尻周りの筋肉が腰と深く関わっています。

もしこれらの筋肉が姿勢の乱れ、歩行、日常生活などで硬くなってしまうと腰痛や身体のだるさ、身体のゆがみなどに繋がってしまいます。

逆にこれらの筋肉を日常的にストレッチをし、背すじを伸ばす姿勢などを意識する事で腰痛になりにくい身体になります。

すでに腰痛に悩まされている方は腰を支えている筋肉が硬くなっている可能性があるので一度チェックをしてください。