倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

お尻の筋肉と不調の関係

冷え性で悩まされている方はいませんか?

お尻の筋肉が硬くなっている人はコリが出現すると冷え性も出現してしまいます。

筋肉が硬くなる事によって血流が悪くなり疲労物質が溜まり腰痛や風邪をひきやすくなるなど様々な不調へと繋がってしまいます。

長時間同じ姿勢でいることが原因で筋肉が硬くなり血流が悪くなりますがお尻の筋肉は自覚症状がなく(自分でも気付かない)、知らぬうちに疲労が溜まり全身の不調へ繋がってしまいます。

なので最近疲れが溜まってると感じる方はお尻周りのストレッチをして下さい。

冷え性で悩んでいる方の原因と改善

まず冷え性とは血液の循環が悪くなり熱が身体全体に運ばれず末端の手先、足先まで血液が運ばれないない状態のことです。

まず冷え性になる人は、運動不足、筋肉量の少ない人、中性脂肪の増加、水分不足、自律神経の乱れなどがあります。

・運動不足になっている方は運動していないので血行はあまり良くなく、熱が身体全体に伝わりにくくなっています。

・筋肉の少ない方は、基礎代謝によって生まれる熱量が少なく筋ポンプの働きも弱いので血行はよくありません。

・中性脂肪の増加は血液がドロドロになっており、血流が悪くなってます。

・水分不足の人は水を飲むことにより血流が良くなるので水分補給をしっかりして下さい。血液がドロドロになるのは水分不足が原因の場合があります。

・自律神経の乱れは、ストレスや疲労、寝不足などが原因になっています。

これらに当てはまっている方は身体のケアをし冷え性にならないよう早めの対策をしてください。