倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

内臓疲労と肩こりの関係

当てはまっている人は内臓疲労に注意して下さい。

ストレスが溜まっていたり、食べ過ぎ、飲み過ぎ、寝不足、水分不足、運動不足になっている方は内臓が疲れているかもしれません。

内臓疲労が溜まってしまうと

背中の筋肉が硬くなってしまい

そこから肩の筋肉にも影響を与え肩こりが出てきます。

上の項目に当てはまっている方は

体幹ストレッチをしたり生活習慣を見直すことで

肩こりが軽減するかもしれません。

 

腰に骨はあると思いますか?

腰には肋骨がなく守ってくれる骨がありません。

筋肉が腰を支えて外力から腰を守ってます。

腰を支えている筋肉は大きく

姿勢の維持に深く関わっています。

背中、お尻、太ももなどが支えていて

もしこの筋肉が硬くなってしまうと姿勢が乱れてしまい

肩こり、腰痛などの原因となってしまいます。

筋肉が柔らかいと予防ができるので

体幹ストレッチなど行って下さい。

年齢が上がると身体の筋肉量が減っていきます

筋肉が衰えてしまうと

今までできていた作業ができなくなってしまい

疲れやすく身体を痛めやすい身体になってしまいます。

姿勢を維持している筋肉が衰えてしまうと

姿勢が少しずつ乱れていき

肩こりや腰痛が出現してしまいます。

衰えてしまった筋肉は筋トレをすることで筋肉量を増やして下さい。

筋トレに年齢は関係なく

やればやっただけ筋肉がつき

筋肉があることで

姿勢が良くなり、肩こり、腰痛が予防・改善ができます。