倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

痛みでストレッチができない

身体に痛みがありストレッチをすると痛くなる方は

痛みがある所を無理して動かさず

痛くないところからストレッチをして下さい。

痛いからという理由でストレッチをやめてしまうと

さらに痛める可能性がありますし

他の所まで異常が出てくるかもしれません。

なので少しずつ身体を動かして筋肉を柔らかくして下さい。

体の力みを無くしましょう!

施術をしていると時に腕や肩の検査で

軽く腕を持ち上げようとするだけで

肩に無意識に力の入る方が時々います。

このような方はいつも肩に力が入った

状態なので肩が凝り首も硬くなっています。

無意識に体に力の入る方には

脱力する事をお勧めしています。

例えば軽くジャンプして着地した時に

肩の力を抜き、膝は軽く曲げた状態にしましょう。

このジャンプをして脱力する事を習慣づけると

体の力みが少しずつ改善していきます。

無駄な体の力みを取り除きましょう!

疲れやすいと感じたことはないですか?

仕事や運動など身体を動かしたときすぐに疲れる事はなかったですか?

それは運動不足によって

胸回りやお腹周りの筋肉が硬くなる事で

呼吸が浅くなり疲れやすい状態になっています。

猫背や姿勢が乱れることで

肋骨や胸郭の膨らみも悪くなるので注意して下さい。

予防改善は運動やストレッチをする事で筋肉を動かして

硬くなった筋肉を動かして下さい。