倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

痛みでストレッチができない

身体に痛みがありストレッチをすると痛くなる方は

痛みがある所を無理して動かさず

痛くないところからストレッチをして下さい。

痛いからという理由でストレッチをやめてしまうと

さらに痛める可能性がありますし

他の所まで異常が出てくるかもしれません。

なので少しずつ身体を動かして筋肉を柔らかくして下さい。

使わない筋肉は徐々に硬く…

運動をしていない人や運動をしている人でも

関節の動きが悪くなっている人がいます。

それは筋肉を使わないことで

筋肉が硬くなってしまい関節の動きが悪くなり

肩が上がらないなどの症状が出てきます。

硬くなってしまった筋肉はストレッチなどで柔らかくする事ができ、

硬いと感じられた箇所を意識して伸ばして下さい。

年齢が上がっていくと身体の異常は出てきますが

肩こり、腰痛は筋肉を柔らかくすることで予防ができるので

身体を全体的に動かし筋肉が硬くならないようにして下さい。

スマホを長時間観ていませんか?

スマホを観るために首を下に向けていたり

長時間スマホを観ることで

目の疲れや首の後面が硬くなってしまい

身体に不調をまねいてしまいます。

目が疲れることで頭痛、

首の後面が硬くなることでハリや痛み、コリなど

様々な不調へ繋がってしまいます。

なので長時間スマホを見続けたりしない注意して下さい。