Blog
ブログ

体幹とパフォーマンスの関係

そもそも体幹とは腕や足以外、

つまり胴体の事を指すのが一般的です。

体幹にある筋肉は背骨や骨盤の角度に大きく関わってきます。

骨盤の角度の変化により猫背、ぽっこりお腹、肩こり腰痛などが出現しますが体幹を鍛えることにより予防することも可能です。

さらに腕や足をスムーズに動かすこともでき、

背すじが伸び姿勢が良くなります。

例えば野球やハンドボールなどのボールを投げるスポーツではまず腕が動くのではなく体幹部から動きはじめます。

さらに体幹を鍛えることにより球速も上がります。

ボールを投げるスポーツだけでなく他のスポーツでも体幹は大切で運動能力を向上をすることができる重要なところです。

抗重力筋とは?

ほとんどの身体の痛み・不調は、骨格のバランスが崩れる事により発生しその原因は自分自身にあるのです。

人の身体には抗重力筋と呼ばれる筋肉がありこの筋肉があることによって身体のバランスは保たれています。

抗重力筋は立っているときも座っているときも常にどこかが緊張しています。

例えば背中にある脊柱起立筋、お腹にある腹直筋と腸腰筋、大腿にある大腿四頭筋、下腿にある下腿三頭筋などが抗重力筋です。

もし猫背だったり片足立ちなどをしていると抗重力筋が正しく働かなくなる原因となり身体に痛み・不調が出現してします。

姿勢の乱れを感じている方がいらっしゃるなら正しい姿勢をとるように意識してみて下さい。

寒暖差から来るだるさ

春は寒暖差が大きい季節なので

身体の体調が崩れやすい季節にもなります。

日中と夜との寒暖差に身体が対応できずに

寒さにより不調となり肩こりや腰痛を生じたり

首や肩の血行が悪くなる事で睡眠不足になりがちです。

筋膜ボディケアで筋膜の癒着を緩めることで

血行促進、リンパの流れも良くなり

身体がリラックスし、睡眠不足も解消され

肩こり、腰痛の予防や改善にもなりますので

日々のボディケアを心がけるようにましょう。