Blog
ブログ

目の疲労・首回りのほぐし

目の疲れは集中して物を見続けることによって

まばたきの回数が減る事で目の周りの筋肉(眼輪筋)が硬くなり

疲労が蓄積してしまいます。

目に疲労が蓄積することによって

周りの筋肉まで緊張してしまい首こり、頭痛に繋がってしまいます。

改善は目を温めてほぐしたり、首のコリをほぐすことによって血行を良くしキレイな血液が流れることで疲労が回復します。

筋肉が関係する頭痛

筋肉が緊張することによって起こってしまう頭痛は姿勢の乱れが主な原因になってしまい筋肉が硬くなる事で首のコリや肩こりに繋がっていきます。

そこから目の酷使による眼輪筋の緊張による目の周りのコリ、痛みへと変化してしまうので目の周りのマッサージをして下さい。

頭部だと側頭筋などが硬くなる事によって頭をしめつけう事で痛みになってしまうケースもあります。

頭部を触ってみて頭皮が動きにくいと感じた方は緊張が強く頭部が硬くなっているのでマッサージをして下さい

ストレートネック

デスクワークなどで頭部(アゴ)を前方に突き出した姿勢でいると首に負荷がかかることにより筋肉が緊張し続ける事によって首を反らす動きが難しくなります。

首の後面の筋肉が緊張してガチガチになることで頸椎に負荷がかかり首周りのコリが酷くなってしまいます。

デスクワークで姿勢が悪くアゴが前に出てしまっている方はアゴをひっこめて背すじを伸ばす姿勢を意識しましょう。

首回りの筋肉をほぐすことによって予防や改善に繋がるのでぜひやってみて下さい。