倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

四十肩にならないために

年齢が四十、五十代になると

肩が上がらない後ろに引けない

といった症状が出てくる年代でもあります

年齢を重ねるごとに筋肉などの柔軟性が

失われ体の可動域も狭くなりスムーズに動かなくなります

これを予防するために肩を普段使っている動きよりも

大きく使う事が効果的です

自分の肩の高さよりもしっかり挙げる、大きく回すなどの運動や

肩甲骨を動かす運動やストレッチを日常に取り入れる事で

肩周りが硬くなる事を予防できます

ちょっとした日々の努力が大切です!

体を動かさないと・・・

今は新型肺炎の影響で自宅から

出る機会も少なく体を動かす事も少ないと思います

何もしてない体も動かしていない状態が

何日も続くと筋膜の癒着が生じ

体の動きが悪くなり血行不良や体のだるさ

同じ姿勢を長くしている事で筋膜の癒着が

強くなり痛みへと繋がります

自宅でも体操、ストレッチ、軽めの筋力トレーニングなど

適度な運動を行なう事で筋膜の癒着を予防でき

血行も体温も良い状態になり免疫力アップにもなります

日頃から適度な運動を行いましょう!

筋膜の癒着を軽減

筋膜の癒着が原因で

体を曲げ伸ばしをした時や

ひねった時に突っ張って動きが悪い

このような症状を放置していると

硬くなり肩や首では肩こり、頭痛となり

下半身が硬くなることで腰痛へと繋がります

体を動かさない、同じ姿勢を長時間続けるなどは

筋膜の癒着を強くしています

例えばデスクワークで長時間パソコンの前で

座った状態でのお仕事など肩こり、腰痛になりやすいです

お仕事の合間、合間で肩や首、腰を回すなど

同じ姿勢を少しやめて体を動かしてあげましょう

これで筋膜の癒着を軽減でき、体を悪い状態に

なることを防げます

日常に適度な運動を取り入れましょう!