倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

お尻の筋肉も疲れが溜まるんです。

お尻の筋肉は疲れやコリが感じにくく放置されていますが硬く(緊張状態)なることで身体全体の不調へ繋がってしまいます。

肩こり、腰痛が出現し筋肉が硬くなる事で血行が悪くなり疲労が溜まってしまい冷え性、倦怠感、腰痛などに繋がってしまいます。

座って行う長時間の作業で同じ姿勢をとり続けることによって骨盤周りの筋肉が硬くなってしまい知らず知らずのうちに硬くなってしまいます。

腰痛が出現している方はお尻周りの筋肉が硬くなっているかもしれないのでしっかりストレッチを行って下さい。

硬いと感じたらストレッチをして下さい。

運動不足の方や同じ姿勢を長時間している方は身体が硬く、姿勢が悪い、肩コリ・腰痛などが出てきていると思います。

それは筋肉が硬くなってしまうことで身体の左右差が出てしまったり、柔軟性の低下、血行が悪く不調やケガなどに繋がってしまいます。

一つの筋肉が硬くなる事で関節の動きが悪くなり他の筋肉も同じように硬くなる事で姿勢が悪くなりこの状態が続くとコリなどが出現してしまいます。

予防法は硬いと思ったら硬い筋肉を伸ばす(伸びている)ことを意識しながらストレッチを行って下さい。

最近疲れやすいと感じる方いませんか?

十分な睡眠をとっても疲れがとれない人は呼吸が浅くなっているのかもしれません。

猫背や姿勢の乱れによって呼吸をする際、胸郭の広がりが悪くなってしまいそれが原因となり呼吸が浅くなってしまいます。

次に運動不足も関係しており、日頃から運動をする習慣のない人は呼吸を補助する筋肉の働きが弱くなり肺活量も弱くなることで呼吸が浅くなってしまいます。

酸素を十分に取れないと疲労が蓄積されだるさや集中力が低下を招いてしまいます。

なので日常の中にちょっとした運動やストレッチするようにしましょう!