倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

可動域を広げよう!

関節の動きが悪くなってしまう原因は筋肉にあります。

運動不足になっていることで筋肉がは硬くなっている人が多いです。

これが筋肉の動きに影響を与えてしまいます。

例えると

金属に錆がついてしまい動きが悪くなるような感じです。

定期的に動かす事で

関節の動きが予防やパフォーマンスアップに繋がります。

筋肉と血液は関係が強い

筋肉は硬くなってしまうと血流が悪くなります。

なので硬くなってしまった筋肉を動かしてあげることで

硬くなった筋肉を柔らかくすると血流が良くなり

血液が身体全体へ運ばれます。

温かい血液が身体全体に運ばれることで

冷え性の予防・改善に繋がるので

冷え性に悩んでいる方は身体を動かしてみて下さい。

他にも疲れにくくなるなど身体にとってプラスになることが多いので

身体を動かし血流を良くしましょう

骨盤の歪みについて理解してますか?

太もも裏が硬くなってしまうと腰痛や肩こりなどの

原因となってしまいます。

太もも裏にくっついている筋肉が硬くなる事で

骨盤を後傾させ骨盤が歪んでしまいこれが原因となって

姿勢が乱れてしまい腰痛や肩こりが出てしまいます。

なので太もも裏の筋肉を伸ばすことを意識して

ストレッチを行ってみて下さい。