倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

加齢による姿勢の乱れ

歳を重ねるにつれ姿勢の乱れが目立ってきます。

使っていない筋肉が日に日に硬くなってしまいその筋肉が原因となって姿勢の乱れへと変化します。

加齢によって筋肉量が低下してしまい、使わないことでも筋肉量が低下してしまって姿勢を維持している筋肉が正しい姿勢を維持できない状態になってしまいます。

最近身体を動かしていない、家に一日中いるなどをしてしまうと低下に繋がってしまうので運動やストレッチを日常に取り入れて下さい。

どんな年齢でも筋肉は鍛えたら大きくなるので、歳が原因で筋肉を鍛えても意味がない事はありません。

姿勢の乱れは肩こり、腰痛、疲労が溜まるなどを引き起こしてしまうので身体を動かすことによって予防・改善をしましょう!

首の筋肉を伸ばすストレッチ

デスクワークや日常生活の中で首・肩のコリ、張りを感じている人は多いと思います。

首回りの筋肉が硬くなってしまうことで脳に血液が十分に行き渡らず頭痛やボーとしたり眠くなったりイライラしてしまいます。

首の筋肉が硬い・張りを感じている方は、まず後ろで右手で左手首を持ってもらい下に引くことで骨をロックしてもらいます。

次に首を右側に倒して下さい。

この動作をする事によって首の筋肉は伸ばされ首・肩コリの改善をしてくれます。

目の周りの筋肉が凝る

スマホやデスクワークなどをしている人はまばたきを忘れずっと画面などを見続けていることはありませんか?

その状態が続くことによって目周辺の筋肉にコリが出現し目が乾いたりかすむなどの症状が出てきます。

目の周りの筋肉も他の筋肉と同じで緊張が続くことによって硬くなってしまい目の疲労、ドライアイ、頭痛に繋がってしまいます。

予防法は目を温めて下さい。

カイロや手の温かさでもできますが(リラックスできる温度)行う際は目を圧迫しない事と熱すぎないように注意して下さい。

他には目をギュッと閉じて数秒して開くを数回繰り返したり目を圧迫しないように目の周りをゆっくり手のひらで軽く動かすことも効果的です。