Blog
ブログ

肩こりは年齢によって発生する原因が異なる

肩こりは年齢によって発生原因が異なります。

『中高生』では成長期に骨が伸びる際、運動不足になっていたり運動後のストレッチをしないことで筋肉が硬くなり骨の成長速度に筋肉の伸びがおいつかない状態になる事で柔軟性の低下をまねき姿勢の悪さにつながりそれが肩こりの原因となります。

『働いている方』は小さな姿勢の悪さの積み重ね、精神的に緊張してしまう、作業環境などが原因となっています。

『高齢者』の方は加齢や病気による肩こりが原因となります。

予防はストレッチと筋肉をほぐす事です。

毎日少しずつでもストレッチを続けることが大切です。

ボディケアをする事によってほぐすことも可能ですので気になる方はお越し下さい。

身体のメンテナンス

身体が痛いときだけメンテナンスをすればいい。

こう思われる方は多いと思います。

しかし痛みがでていなくても身体は硬く柔軟性を失っていて

あと少しで痛みに変わりますよというところまで

きていることがほとんどです。

身体が疲労してしまっていると気持ちも滞る、

やる気が起きない。

本来の自分の身体と心はもっと元気ななずです。

しっかりと自分に向きあい、身体の動きを取り戻し、

毎日を一生懸命過ごす。

この積み重ねで未来は変わっていきますが

その中にボディケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ストレッチのキープ時間

ストレッチは正しいフォームと体重移動そしてキープ時間によって効きが変わってきます。

筋肉がしっかり伸びた姿勢から約20秒~30秒にかけてしっかり伸ばして下さい。

5秒など短時間でストレッチを行っている方は筋肉が伸びきる前にストレッチをやめているので効きが弱いです。

筋肉を時間をかけてしっかり伸ばすことによって緊張が抜けて伸びやすい状態になってくれます。

ですが長時間ストレッチをしても効果は30秒とあまり変わらないのでセット数を決めて行う方が効果的です。