倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

肩の痛みを改善!!

普段の生活で肩を動かす範囲が小さいと

肩の可動域が狭くなり大きく動かそうとすると

痛くて動かせない症状はありませんか?

その原因としては使われていない部位の筋膜が癒着し

痛みへと繋がっています。

腕を下から真横に上げる動作や肘を後ろに引く動作で

痛みの出る方が多いです。

この痛みが筋膜の癒着で生じている場合

肩周辺の筋膜の癒着を緩める施術で徐々に改善されます。

特にデスクワークでのパソコン作業の方に多くみられます。

肩周辺の筋膜の癒着を緩めて痛みのない状態にしましょう。

テニスボールほぐし

日々生活をしていると偏った体の使い方をしてしまったり、

あまり体を動かさず体が硬く固まってしまったり。

体が硬く動きにくくなったり痛みや凝りを感じたり。

そんなときにはテニスボールを使って体を緩めてみましょう。

靴下にテニスボールを2つ入れしっかりとゴムで

テニスボールが動かないように口をしばります。

床や畳の上に置いたテニスボールの上に

ほぐしたい箇所をあてて1分ほど体をほぐします

背中であれば少しづつ位置をずらしながら行ないます。

座って足回りをほぐしてもいいですし、

寝転がって首回りや背中を緩めてもOK。

体の色々なところを緩めることができます。

おしりのストレッチ

デスクワークの仕事が多いと体動かさない分

いろんな箇所が硬くなってきます。

とくにお尻の部分は椅子に座ることで

常に圧迫されて硬くなります。

少しの隙間時間でストレッチをしてみましょう。

椅子に座った状態で脚を組みます。

骨盤をしっかり立てて

上半身を天井の方向に真っ直ぐ伸ばします。

その状態のまま体を前に倒していくと

お尻のストレッチになります。