倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

鬱気があるときは

気分がうつうつしているときは気が鬱滞していて

何らかの理由で気の循環が止まっています。

この気を止めている原因の中には感情も含まれます。

悲しみ、怒り、恐れ…..経絡につまりを生じさせるのです。

この状態を回復させる方法に体を動かすことがあります。

手足を軽く振ったり動かしたり、

もっと動けるのならウオーキングやヨガ、スポーツなど

とにかく体を動かしてみましょう。

手足を動かし気を流していきましょう!

O脚の原因と改善

O脚は女性がなりやすく膝が身体の外側に倒れ込んでいき、痛み・不調をあまり感じない人が多いと思われます。

ですがO脚をそのまま放置してしまうと姿勢の乱れや膝の痛みの原因となります。

O脚の方の歩行では足の外側に体重がかかったり、股関節の内転筋群・中殿筋の筋力不足、足を組んだりハイヒールを履いている人がなりやすいです。

O脚にならないようにする日常の対策は、足裏全体を使った歩行で特に足指で地面を蹴ることを意識した歩行をしましょう。

その際、足底板(O脚対策用)を使用することにより歩行動作が自然に矯正されます。

股関節の内転筋群の弱い人は椅子に座っている際、脚を閉じる動きを日頃から意識させ動かすことにより予防は可能です。

食事の姿勢

普段食事をとる場合どのような姿勢でしょうか?

きちんと食べ物を消化するにはどうしたらいいのか?

無意識に食事をとってはないでしょうか?

忘れがちですが姿勢を正して食べましょう。

例えば前かがみや左のお腹のあたりを圧迫しながら食事をすると、

消化機能が十分に働きません。

当たり前のようでできていないこと。

姿勢を正してしっかり口の中で食物を30回ほど噛む。

これを実行していくと消化酵素の力が向上していきます。