倉敷店(本店)
らくらく堂ホームページはこちら

Blog
ブログ

膝下は大丈夫ですか?

 

女性に多い症状と言えば…

膝ですよね

特に年配の女性の悩みは

正座ができない

足を伸ばさないと座れない

といったことをよく聞きますし

実際に変形性膝関節症の人も多いんです。

最悪は人工膝関節ってとこになりますよね。

そうなってもまだキツい筋収縮が起こっている場所

それが膝下にあるんです!

よく足三里と言われる場所あります。

あの場所がカチカチなんですよね。

そこをしっかりと柔らかくすれば

膝下がめっちゃ軽く感じるはずです。

もちろんO脚も変わることでしょう。

立ち姿も綺麗に戻りますし

良いことばっかりになることでしょう!

膝下が固いなら

この機会にしっかりと注目して

ケアしてあげてくださいね!

痛みがあるのとその場所が固いのとは意味が違います

そこを履き間違えないでくださいね。

正しい理論と正しい癖をしっかりと身につけて

いつまでも美しい自分でいましょう!

 

足裏から姿勢を正しましょう。

外反母趾や扁平足の方は体の重心が踵に寄っています。

その事により足のつま先が使えなくて、踏ん張れません。

そして姿勢が猫背や側彎症になりかねません。

まずは土踏まずのアーチを作りましょう。

方法としては、足指じゃんけん・・・グー、チョキ、パーを30回

タオルギャザー・・・床にタオルを置いて、

足の指でたぐり寄せて下さい。10回×3セット

カーフレイズ・・・踵を上げる(つま先立ち)、

下げるを10回×3セット

このような運動で土踏まずのアーチを作りましょう。

運動の選択は自由です。

歩き方としては踵が着地した後、

つま先までしっかり体重移動させ、

つま先で地面を捉える歩き方をしましょう。

こういった日々の積み重ねで外反母趾や扁平足、

それに伴う猫背や側彎症を回避して、

正しい姿勢でいられるよう心掛けましょう。

お腹のエクボ作りませんか?

 

お腹にエクボができるの知っていますか?

しかも簡単にです。

そもそも綺麗な姿勢ができれば

自ずとお腹にエクボが生まれます。

くびれのある引き締まったウエストは

腰痛にもなりにくく

いつまでも美しい自分でいられます。

この方法は坐骨神経痛・ヘルニアにも

効果のあるやり方です。

ぜひやってみてくださいね!

その方法がこれです。

①まずは椅子にお座りください(始めは低めもOK)

②背中を丸める

③お臍の下5cmくらいの所を指先で軽く押す

④背中を丸めたままゆっくりと立ち上がります

⑤下から上に伸び上がる様にゆっくりと背を伸ばします

足の指先に少し体重は載っていますか?

お尻に軽く力が入っていますか?

なら大丈夫ですよ!

鏡に映るご自身の姿を確認してみてください。

そして最後に

お腹を触ってみてください

ウエストが引き締まり

エクボができていませんか?

後日また動画にて説明させていただきますね